お中元にお客様や取引先へ贈って喜ばれる人気のギフト通販情報。

お中元を贈る時期

法人向けお中元はいつ贈るの?【お中元を贈る時期】

法人向けお中元を贈る時期

ocyugen-houjin.jpg法人向けお中元を贈る時期として全国的には、7月上旬~7月15日までが一般的とされています。
もともとは関東地区を中心とした平均的なお中元の時期で、早々に6月下旬に贈る方も
いらっしゃいます。

一方 関西地区の御中元は、7月上旬~8月15日までが一般的です。
これは関西では旧盆(月遅れ)の習慣があることから、
御中元についても、月遅れで行う地域があるためです。

もしお中元を贈る時期に迷う場合は、関東、関西の時期が重なる
7月上旬~15日頃に贈るのが無難でしょう。

ちなみに中元は、旧暦の7月15日に行われた行事でした。
現在では旧暦ではなく、新暦(現在の暦)の7月15日の頃に贈る習慣となっています。


お中元を贈る時期をすぎてしまったら?

お中元を贈る時期であれば、のしの表書きは「お中元」でいいわけですが、
時期を過ぎてしまった場合には、のしの表書きを変えるようにします。

たとえばお中元を贈る相手方の不幸があった場合などには、
先方が落ち着くまで少し時期をずらし、
「暑中見舞い」、「残暑見舞い」として贈るのが良いでしょう。

お中元を贈る時期 一般的なのしの表書き 旧盆の習慣が残る地域
7月上旬~7月15日 お中元、御中元 御中元(8月15日まで)
7月16日~立秋
(8/7頃)
暑中御見舞、暑中お見舞、暑中お伺、
暑中御伺
御中元(8月15日まで)
立秋過ぎ~9月上旬まで 残暑御見舞、残暑お見舞、残暑お伺、
残暑御伺
8月16日~9月上旬まで
残暑お見舞い




Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0