お中元にお客様や取引先へ贈って喜ばれる人気のギフト通販情報。

お中元送り状の文例

法人向けお中元の送り状の文例

宅配便でお中元を贈るときの送り状例

●冒頭には簡単に【時候の挨拶】
●お中元ギフトの品物の内容と到着時期を知らせる
●親しい相手には近況報告を
●へりくだる場合は「賞味」ではなく「笑味」「笑納」などが使われれるケースも。
●品物はデパートなどから直送するのが一般的ですが、
 目上の方へ贈る場合は、事前にお中元を贈った旨を知らせる送り状を出しておきます。
●会社へ贈る場合は営業日に、自宅へ贈る場合は休日に届くよう手配するとよいでしょう。


株式会社○○○○
代表取締役社長 ○○○○様

拝啓 猛暑の候 貴社に置かれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
 毎々のご厚情を賜り、大変感謝しております。本日、感謝のしるしとしまして
心ばかりの品をお送りいたしました。お気に召していただければ幸いです。
 略儀ではございますが、書面にてごあいさつを申しあげます。
                                                敬具

平成○年○月○日
                                          ○○○○株式会社
                                                ○○○○
                                         住所 
                                         電話番号



Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0